アレルギー体質が遺伝(>_<)息子がアトピーで悩んでいること

私は子供の頃、アトピー性皮膚炎と診断されて治療していました。

定期的に通う皮膚科が面倒だし、毎朝毎晩塗る軟膏も面倒でした。

中学生くらいから、喉が炎症を起こしていると皮膚に現れやすいと先生に言われてから、アレルギー性鼻炎や喉の炎症の治療にも力を入れたら、かなり良くなりました。

今はアトピーは治まったと思いますが、洗剤やハンドソープで手荒れが起こりやすいので肌の弱さは継続しているのかもしれません。

私には4歳の息子がいて、子供ができてからは私のアトピーやアレルギーの体質が息子にも遺伝していないか心配してました。

しかし、最近息子の肌がかぶれていて気になり、皮膚科を受診しました。

診断はやはりアトピー性皮膚炎でした。

私のように面倒で長期的な治療を息子にもさせてしまうのが最初は辛く、申し訳なかったですが、先生の話では、今から丁寧に治療して悪化させないでおけば、10年後くらいには治療を終えられるとのことでした。

治療方法は私の時と同じで毎朝毎晩の保湿剤と皮膚炎が出ていたら軟膏を塗るというもの。

息子の場合は私のようなひどい症状は出なくなり、夜中も痒そうにしなくなったので治療の効果はてきめんでした。

治療が面倒と感じていた幼少期の私でしたが、息子のアトピーの治療を通してわかったのは、大変なのは本人以上に親だということ。

子供のうちは親に言われるがまま、病院に行き、薬を塗られているだけでしたが、その治療全てを管理する親の大変さがよく分かりました。

でも自分の時と違うのは、大変とは感じますが、面倒とは感じないこと。

さらに、アトピーの子には一番肌に触れる肌着に気を付けたほうがいいと聞いたので、こんなものを買ってみました。

アトピーの赤ちゃんにおすすめの肌着

すごくさらっとしていて、肌との摩擦が少なそうで良かったです。

10年後の息子がアトピーに苦しむことのないよう、悪化させないように丁寧にケアを続けていきたいと思っています。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロテオグリカンの効果
プロテオグリカン原液にイオンの効果ってあるの?

プロテオグリカン原液 イオンという奇跡 しかし、プロテオグリカン原液 イオン攻撃 イオン、使い続ける …